輸送と言えば、まず最初に思い浮かべるのは、トラックでの運搬ではないでしょうか。

輸送とは、荷物を送りたい人、荷物を積んで運んでくれる人、そして荷物を受け取る人。これらの人がいて成り立っています。
輸送には色々な乗り物が使われます。トラックなどの車もそうですし、飛行機で運ぶこともあるでしょう。そして船で運ぶという選択肢もあります。日本は海で囲まれている島国ですから、輸送の方法が船になっても何ら不思議ではありません。

例えば中国からの荷物を受け取る時にも、海上輸送を使うと便利なのです。海上輸送には2つの種類があり、荷物を載せて運ぶ場合と、お客様を載せて運ぶ場合があります。海上輸送と言うことで主に使われているのは荷物を運ぶ場合の方ですが、中国からの荷物を受け取りたい場合にも、海上輸送は便利なのです。

船を使用した混載サービスの場合でも、業者によっては、1週間に30便以上もの船が出ているようです。そのため、中国の主要港(上海、青島、香港)から出発する荷物を混載サービスで送っても、安定した時間で送ることができるという仕組みになっています。

状況によって多少前後することはありますが、ある程度決まった時間に送れますし、一度にたくさんの荷物を運べるので低コストなのです。
また、円滑に意思疎通ができるように、現地に日本語スタッフが配置されていることもあります。二酸化炭素の排出量も少ないということなので、中国から荷物を運びたい場合には一度利用してみてはいかがでしょうか。

outsider link